ドリーム #20220111
〜お汁粉への貢ぎ〜

ローランド セドリック

日本に来た時から色々な年間がありました。
東京には少数の事が少しずつ好きでもなくなりましたのに…

…色々な事がいつも完璧です。

例えば冬で暖かいお汁粉缶を飲む事が喜びです。

その間に洗濯物を乾燥する事を待ってます。

わざと的かどうかわからないけど、コインランドリーのために十分な100円玉がたまにないです。

自動販売機おかげで1000円札から100円玉を返すことが必要なります。

100円玉がもらえましたから、コインランドリーを早いでスタートします。
-30分
-マックスマン温度

布おむつ以外は、全然大丈夫です。

あの方法でこの季節限定で暑い缶が私の手のなかにあります。

そしてそこに…楽しみが始まります。

これで、この金属製のシリンダーから発せられ、ユックリとすべての指に広がる温かさの感覚に静かに集中することができます。

缶を開けると煙がします。

氷のような鼻先を繊細にくすぐる匂いです。

マスクをはずしまして、私はコインランドリーの開けたドアのまえにいます。
時々コインランドリーの中で食べると飲むことが禁止サインがあります。

そちらサインがないのに、罪悪感を感じスロことが仕方ないじゃないです。
このゴミになったような缶で罪悪感を感じる。
このエコではない自動販売機で罪悪感をかんじる。

そして、匂いが私の鼻の穴を完全に満たしています、
だから私は最初の一口で罪悪感を感じるのをやめています。

クリーミーな食感、

暖かさは心地よいです、

砂糖の味はキャラメルのようで、

小豆のとろけてつぶつぶによく合います。

私は自分が浮かんでいることとおもいます。
私は唇と接触することができることについて瞑想しています。
私は幸せです。

突然思い出が出ます。缶の上部は本当に綺麗ですか。

おばさんのお父さんの友達に缶の上にネズミのおしっこのがげで人が死んだと言われました。
私の情報源はそれほど深刻ではありません。そして、衛生に関する日本の評判はとても厳しいです。
だからその変な考えに新たな幸福の一口を満たそうと決心しました。
(しかし、私は家に帰るときにこれをグーグルで検索します。)

そして、私は自分自身に言います、ねえ、それは瞬間、感覚に焦点を合わせるように、漫画にされるに値します…
「東京スカイツリータワーを望む通りで、服が乾くのを待っている寒い冬の夜」

何がもっと詩的でしょうか。

あなたが私に話そうとしていることはたくさんありますが、実際にはそれほど悪くはありません… そして突然、私はあまり多くのことをしていないのだろうかと思います。

はい、はい、私はここにいて、生きていて、これらすべてを感じて幸せで、私はこの幸せを共有したいと思います。
しかし、私は単純な小さな資本主義の兵士になりませんか。
この漫画は、この飲み物の完璧な広告に変わりませんか。
そのような漫画の何人の読者がこの経験を再現したいと思うでしょうか。
私のせいでいくつの廃棄物が発生しますか。
これにより、お汁粉メーカーはどのくらいのお金を稼ぐことができますか。*

(ネタバレ注意:私よりも漫画を出版しています。)

残念です。資本主義で私のインスピレーションが破損してしまいました。
偶然のように、この考えを中止することのために、佐藤に呼ばれました。


六回一口の後で、ゴミ箱で缶を捨てます。
実はこのゴミ箱は変だと思います。穴は二つですが袋は一枚しかないです。それは明らかに分別収集ではありません。
どうして、ブランドの形かもしれませんか。

それは全然分からないです。今私の液体の佐藤が全部のんでしまいました。それでこの最後の考えが消せられないです。

洗濯機の鳴りが鳴いてます。
窓をあけることと私のあたたかい服を触ることが楽しみにしてます。
超フワフワになったと嬉しいです。

周りにみて、この日はやっと一昨日の雪を消しまいました。

これは、暑さと寒さのコントラストが私を圧倒するのを防ぐことはできません。
外は青、内は赤です。

小豆について私はこの綺麗な紫の豆色の意味が発見したと思います。